ベンチャーのインターンが怖い!大学生こそスタートアップで挑戦をおすすめする理由

今回はベンチャー企業が怖いと感じてしまう理由、また大学生こそスタートアップを挑戦するべき理由についてご紹介して行きたいと思います。

ベンチャーのインターンが怖いと感じてしまう理由

ベンチャーのインターンが怖いと感じてしまう理由ベンチャーのインターンが怖いと感じてしまう理由は、大きく分けて5つあります。

大手みたいに環境が整っていないから

ベンチャーのインターンが怖いと感じてしまう要因の1つとして、大手のように環境が整っていないことが挙げられます。

やはり環境が整っていないと、働く前にどのような働き方をするのかイメージしづらく、未完備な環境に身を置くことに抵抗感を感じてしまう人も多いようです。

また大手よりも福利厚生が整っていない等の問題も、学生たちから重要視されることがあります。

あまり仕事を教えてもらえないと思うから

ベンチャーのインターンが怖いと感じてしまう要因の1つとして、あまり仕事を教えてもらえないことが挙げられます。

ベンチャーはまだ大手ほど大きく成長していません。そのため、研修制度など大手のように完備されていないのが、ネックに感じてしまう人も多いようです。

更に多くのベンチャー企業では、即戦力となる人材を求める傾向があります。

そのため、ベンチャー企業側がお仕事を丁寧に教えている暇がないという点も、怖いと感じさてしまう理由の1つではないかと思いました。

ネットに情報がないから

ベンチャーのインターンが怖いと感じてしまう要因として、ネットに情報がないことが挙げられます。

やはり大手は規模が大きいからこそ、社員の口コミ等もすぐに見ることができますよね。

しかしベンチャー企業は、設立して間もない企業が多いため、中々インターンの情報等をネットの口コミを通して見ることが出来ません。

そのため、怖いと感じてしまう要因の1つとなってしまうようです。

 

陽キャの集まりで馴染めないと思うから

ベンチャーのインターンが怖いと感じてしまう要因として、陽キャの集まりで馴染めないからという点が挙げらます。

やはりガツガツしてる企業は合う人には楽しめる一方、合わない人には苦痛ですよね。

しかしベンチャー企業は、設立して間もないため、ある程度の活気やノリの良さは求められがちです。

そのため、ガツガツしてる企業に嫌悪感を感じてしまう学生からは、怖いと感じられてしまう要因の1つとなってしまうのです。

仕事についていけないと思うから

ベンチャーのインターンが怖いと感じてしまう要因として、仕事についていけないと思うからという点が挙げられます。

多くのベンチャー企業は、少人数で多くの仕事を抱えています。

そのため、一人ひとりに任される裁量が大きいのです。また若いうちから責任のある仕事を任されるため、責任感が必要不可欠となります。

そのため、仕事についていけないのではと不安に感じてしまう要因の1つとなってしまうのです。

 

大学生こそスタートアップで挑戦すべき理由

大学生こそスタートアップで挑戦すべき理由

次に大学生こそスタートアップ企業で挑戦すべき理由についてご紹介していきます。

即戦力として扱ってくれる

スタートアップ企業で挑戦するべき理由として、即戦力として扱ってくれるという点が挙げられます。

若いうちに即戦力として様々な業務に関わることができるのは、スタートアップならではの強みですよね。

スタートアップは、設立してまだ間もない企業。そのため、若いうちから大きな仕事を任せてもらえます。

大変かもしれませんが、それに伴い知識や責任感、忍耐力が何倍も付くことでしょう。

裁量の大きい仕事を任せてもらえる

スタートアップ企業で挑戦するべき理由として、裁量の大きい仕事を任せてもらえるという点が挙げられます。

裁量の大きい仕事を若いうちから経験することは、自分の経験値を大いに上げ、早く成長することができます。

また仕事を通して、若いうちから社長や執行役員など社会人経験豊富な方と関わることで、より一層自分を成長させることができるのも魅力の1つです。

社長のそばで仕事ができる

スタートアップ企業で挑戦するべき理由の1つとして、社長のそばで仕事ができるという点が挙げられます。

社長のそばで仕事をするメリットは、社長のノウハウを身近で学べるという点が一番大きいのではないかと感じました。

また社長に直で仕事の相談が出来るのも、大手にはない魅力の1つだと思います。

まとめ:ベンチャーのインターンが怖くない!

今回はベンチャー企業のインターンが怖いと感じてしまう理由、そしてスタートアップ企業で挑戦すべき理由について解説させていただきました。

結論、ベンチャー企業もスタートアップ企業も設立して間もないため、環境が整っていない点や任される仕事量の多さなどから嫌悪感を感じてしまう人も多いかもしれません。

しかしベンチャー企業やスタートアップ企業だからこそ、裁量の大きい仕事に触れることができ、即戦力として若いうちから活躍することができます!

また先が見えないからこそ、自分たちで会社を作っていく楽しさも味わえると感じます!

最後まで読んでいただきありがとうございました。